U35のアル中紀行 酩酊クライシス

U35にしてアル中の長い長い断酒紀行です。





大人の自由とお酒の正しい知識

大人になって自由を手にする一方でそこに責任も与えらる訳ですが、
その「責任」に対するそれぞれの啓蒙はよく街なかでも見かけます。

例えばタバコ・薬物・ギャンブルetc

で、酒はと言うと。。
「お酒は20歳になってから」ほぼこれだけです。
※飲酒運転は論外なので割愛

タバコについては広く一般でもそのリスクについて
目に触れているので概ね問題ないでしょう。

ただし酒は「20歳から飲める」という既成事実だけの認識で、
なぜ「20歳から」なのかというそもそものリスク説明が
何もありません。

僕自身アル中にならなければこの違和感を何も感じずにいて
お酒の正しい知識を知ることは絶対なかったでしょう。
普通の人は酒に対してそういう認識だと思います。

酒税の取りぶちである国側や酒造メーカーがこういったリスクを
適正なボリュームで積極的に人々に伝えることは
絶対にありませんので正しい知識を得る必要があります。

酒は人によっては非常に恐ろしい飲み物です。
アル中になってからじゃ遅いですよ。

正しい知識を身につけた上で責任を負う。
これがあるべき姿なんだと思います。

最後に、若者の酒離れが声高に叫ばれているのにもかかわらず、
女性を中心に年々右肩上がりで増加の一途をたどるアルコール依存症者の
人数を記します。

アルコール依存症「患者」数:109万人
依存症の疑いがある予備軍:患者数のおよそ4倍

www9.nhk.or.jp




↓ 皆様の貴重なクリックが断酒への励みとなります。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

 

増補・アル中地獄(クライシス)―アルコール依存症の不思議なデフォルメ世界

西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気


酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)


人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクション

 

広告を非表示にする