U35のアル中紀行 酩酊クライシス

U35にしてアル中の長い長い断酒紀行です。





2年という月日

ようやく2年という月日が流れました。

ある日飲んだ一杯を最後に
専門医の元へ行ったところから今日に至ります。

特段変わった治療や処方を受けたわけでもありませんし通院を続けた訳でもないですが、
積み重ねた断酒の失敗から、とにかく一人で抱えない事が先決だと思っての行動でした。

そして2年以上前から始めたこのブログ。
今では日課のようにみなさんの言葉を頂いていて、大きなパワーをもらっています。

断酒のあり方は人さまざまです。
何が正解なのかは分かりません。

どんなにアルコールの問題に直面し、苦悩し、飲めない事に絶望しようとも、


飲まないと決めたたった1日さえあれば、今日のような日が訪れる事は確かなようです。

断酒がうまくいけば全てがハッピーになる訳じゃありませんよね。
日々の悩みや自分のあり方・理想との乖離、
相応の悩みがあって辛い時もあります。


ただ、ネガな日でも、何かに失敗しても、一つだけずっと守れてる事がある。
その事実は少しだけ自分の自信にもなります。


ほんの少しだけ自分を労いつつ、
また新しい景色を見にのんびり出かけようと思います。 

 

 

↓ 皆様の貴重なクリックが断酒の励みとなります。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ

 

増補・アル中地獄(クライシス)―アルコール依存症の不思議なデフォルメ世界

西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気


酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)


人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクション

 

広告を非表示にする